ウーマン

ランキングで選ぶ乾燥肌にも優しい思いやり化粧品

より高い効果を得るために

手

つける前の下地作りがカギ

乾燥肌の対策には、洗顔は関係ないと思っていませんか。しかし、洗顔を十分に行っていないと、毛穴の奥の汚れを落とすことはできません。毛穴の奥に汚れが残っていると、化粧水をつけても肌の奥まで浸透しません。化粧水を浸透させやすくするために、肌の汚れをしっかりと落とすことが、乾燥肌対策の第一歩となるのです。また、当然のことながら、化粧をしっかりと落とすことも忘れてはいけません。化粧品が肌に残っていると、肌荒れの原因にもなってしまいます。化粧品が残っている部分にも、化粧水は浸透しないため、クレンジングで化粧をしっかりと落としましょう。化粧を落としてから、洗顔を行い毛穴の奥の汚れまで取ることで、化粧水をつけるための下地作りが完成します。

症状に合ったものを選べ

乾燥肌に合った化粧水を選ぶためには、自分の肌がどれくらい乾燥しているのか、症状の度合いを知ることも大切です。乾燥肌の症状が重い方は、高い保湿効果が期待できる成分を配合した化粧水を選びましょう。保湿効果が期待できる成分には、セラミドやヒアルロン酸など複数の成分がありますが、配合されている成分の量や種類によって値段が異なってくるため、症状と予算に合わせた成分選びも必要です。さらに化粧水が肌の奥まで行き届くようにするために、浸透力の強い化粧水選びも忘れてはいけません。また乾燥肌だけではなく、敏感肌でもある方は、刺激の強い成分が入っている化粧水を避けるようにしましょう。どのような成分が配合されているのか、成分について調べてみることも大切です。